Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三菱自とパナ、実習生受け入れ不可に 認定取り消し

三菱自動車とパナソニックなど4社が技能実習計画の取消しをされたという衝撃的なニュースがありました。

記事には「三菱自は実習計画と異なる作業をさせたこと、パナソニックは社員をめぐる労働基準法違反が確定したことが問題とされた。」と書かれています。

さらに衝撃的なのは「4社は5年間、新たな実習生の受け入れができなくなり、新在留資格「特定技能」の外国人も同じ期間、受け入れられない可能性が高い。」という部分です。

技能実習生の実習計画違反や社員に対する労働基準法違反が確定すると5年間特定技能の受入もできなくなる可能性があるというのは、その会社の今後の外国人労働者の確保に相当大きな影響が出てくると思います。

労働者が外国人か日本人かは関係なく、今後はますます法を遵守することが厳しく求められるようになると思います。

三菱自とパナ、実習生受け入れ不可に 認定取り消し